スキンケア商品は直接お肌につけるもの。
当店では、安心してお客様におススメできる、安全性の高いスキンケア商品をお取り扱いしています。

1・落とす(Facial)


メーク落とし・クレンジング

明るく白く輝いた肌へ
原液以上に濃厚に。有用成分の塊ともいわれるクレアスキンリムーバー。
勿論、美容濃厚マスクとしてもご使用いただけます。
 
〈ご使用方法〉
手のひらに適量(3~6プッシュ)を出して、内側から外側に向かって、円を描くようにのばしていきます。額からこめかみ、鼻、両頰、顎の順番で顔全体を優しくマッサージするようにメークを馴染ませて、水またはぬるま湯で洗い流してください。

〈内容量〉・・・150ml

2・洗う(Facial)


メーク落とし・洗顔

骨髄幹細胞培養液が必要な潤いを保ちます
肌の潤いを奪わず、くすみの原因となるメラニンも含んだ不要な角質を取り除きます。
 
〈ご使用方法〉
手のひらに適量(3~5プッシュ)を出して、少しずつ、水またはぬるま湯を加えながら泡立てます。その泡で、顔を包み込むようにして洗います。あぶらっぽい肌の人は、少しあたたかめのぬるま湯で乾燥しやすい人は、水または冷めた感じのぬるま湯で洗い流してください。

〈内容量〉・・・150ml

3・潤す(Facial)


化粧水

ボリューム感のあるみずみずしい立体ハリ肌に
肌と一体化するように染み渡り豊潤なハリ肌に整えます
 
〈ご使用方法〉
手のひらに適量(3~5プッシュ)を出し、内側から外側へ顔全体にやさしく、首元は下から上へやさしくパッティングするようになじませます。次に手のひらで目元を軽くハンドプレスします。最後に手のひらで、顔全体を包み込むように内側から外側に向かってハンドプレスして、さらになじませてください。

〈内容量〉・・・120ml

美容液

肌の健やかさを守り続ける美容液です
5種のヒト幹細胞培養液を配合。
 
〈ご使用方法〉
手のひらに適量(3~5プッシュ)を出し、内側から外側へ顔全体にやさしく、首元は下から上へやさしくなじませます。5秒~20秒程度放置した後、ハンドプレスでしっかりとなじませてください。・週に1~2度、洗顔後にお顔全体に塗布し、3分~5分放置、ぬるま湯で軽く洗い流した後、ローション、セラム、クリームで仕上げます。

※独自の泡は開封後、緩やかに立ちにくくなります。目視確認できなくても問題ありませんが、3ヵ月以内にご使用ください。

〈内容量〉・・・40ml

クリーム

肌感度へアプローチ。乾燥による小ジワを目立たなくする
豊潤な潤いと、沸き立つような素肌美を引き出します。
 
〈ご使用方法〉
スパチュラで手のひらに適量(パール大)を出し、左右のほほ、ひたい、あご、鼻のてっぺんに塗布し、両手で中央から外に向けて顔全体に伸ばしていきます。伸ばす際、お肌を強くこすったり擦り込んだりなど刺激を与えないようにやさしく伸ばしハンドプレスします。乾燥が気になる場合は、もう一度同様に塗布します。

〈内容量〉・・・30g

4・活性(Facial)


美容液

肌感度へアプローチ。乾燥による小ジワを目立たなくする
羊水幹細胞由来成分が潤いを包みこみ、健やかで内側から溢れ出すような潤ツヤ肌へと導きます。
 
〈ご使用方法〉
スポイトで手のひらに適量(最低1-2プッシュ~)を出し、左右のほほ、ひたい、あご、鼻のてっぺんに塗布し、両手で中央から外に向けて顔全体に伸ばしていきます。
クレアスキンセラムと混ぜてご使用いただくことにより、浸透性※1(肌馴染み)が良く浮き上がるようなハリと透明感へと導きます。
5種類(神経、骨髄、表皮、真皮、脂肪)の幹細胞培養液※との相性も良好になります。

〈内容量〉・・・20ml